会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式とは?

    

 会費制の結婚式とはどんな結婚式なのか?

会費制の結婚式が最近流行りとは聞くものの一体どんな結婚式なのか実際参加した事がない方には想像しにくい結婚式だと思います。今までの結婚式はお二人が開催する結婚式にゲストを招待すると言うスタイルの結婚式でした。しかし、今までのスタイルでは表向きは招待となっておりますが実際は呼ばれたゲストはご祝儀を持参しなくてはならないと言う暗黙のルールが存在していました。ご祝儀の相場は一般ゲストで平均3万円と言われております。上司や親戚などは5万円〜10万円が相場とされてきました。

結婚ラッシュの年齢になると毎週のように結婚式に呼ばれて「結婚式貧乏」になるとも言われております。また、大きな会社の管理職の方なども毎回結婚式に呼ばれれば出費も大きくそれなりに負担になります。

また昨今の結婚式スタイルにはホテルウェディング・ゲストハウスウェディグ・レストランウェディングなど高級志向のウェディングスタイルが数多く存在しております。某ゲストハウスではゲストお一人様にかかる費用が軽く5万円を越していると言います。つまり80名の結婚式であれば最低400万以上と言う事になります。

この不景気に非常に高い金額です。この金額を支払う事ができない新郎・新婦は結婚式を諦めるしかありませんでした。

そこで誕生した新サービスこそが会費制の結婚式と言うスタイルになります。

この会費制の結婚式は招待されるゲストにも優しく開催する新郎・新婦にも負担が少ない現在の経済状況にあった結婚式のスタイルだと言えると思います。

会費制の結婚式とは簡単に言ってしまうと・・・

『結婚式の総額費用を招待人数で割り算した金額をお一人様の会費にした結婚式!』

 

こうすることで大きなメリットがいくつかあります。

まずお二人のご負担する結婚式の費用が少なくて済みます。

「人のお金で結婚式なんてしたくない」と思うかもしれません。

 

しかし、通常の結婚式ではパーティー前日までに全額を結婚式場の指定された口座に支払う必要があります

その際に数百万円もの金額を一括で支払わなくてはなりません。

この支払いが厳しいと言うこともあり結婚式を挙げない方が増えたとも言われております。

また結婚には色々とお金がかかります。

新居の契約、家具の購入、新婚旅行などなど・・・

そう考えると出来るだけ出費は抑えたいと思います。

 

会費制の結婚式では会場費用、お料理、お飲み物など結婚式にかかる費用をパッケージ化して販売しております。

その費用を人数で割り算した平均金額のお一人様費用を会費としてご提案しております。

 

また、会費制と言うスタイルの為お支払いは当日支払いと言うプロデュース会社が多くあります。

これもまた嬉しいメリットだと思います。

数百万円を一括で支払うリスクを考えると負担はかなり軽減します。

実際当日に支払うお二人のご負担金額は平均的にいくらくらいなのでしょうか?

色々と調べてみるとホテルやゲストハウスでコース料理を出した際のお二人のご負担費用はおおよそ

40万円程だと言われております。この金額の半分は引出物にかかる費用だと考えられます。

引出物を必要としないカジュアルなパーティーであれば20万程のご負担金額で結婚式の開催が可能です。

 

会費制結婚式メリット1 : お二人のご負担金額が少なくて済む

会費制結婚式メリット2 : 支払いが当日支払いで大丈夫だから貯金がなくでも大丈夫

 

その他にも会費制の結婚式にはメリットがあります。

それは招待されたゲストの負担が少なくて済むと言う事があります。

色々なお客様の実際の話しを聞いていると、ご祝儀は高すぎて結婚式に招待できない友人もいる

と言うお話しを聞く事があります。

平均的なご祝儀は3万円と言われておりますが1ヶ月で二回結婚式に呼ばれてしまうと6万円の出費となります。

友人の為ならと思うもののやはり金額的は厳しい。

最近では招待する新郎・新婦側もこのゲストの経済事情を考慮する方も増えてきました。

会費制の結婚式のメリットはそんなゲストにも優しい結婚式となります。

会費制の結婚式の平均的なお一人様予算は以下のようになります。

 

カジュアルな会費制結婚式の場合 : 15000円〜18000円

フォーマルな会費制結婚式の場合 : 20000円〜25000円

 

「15000円くらいなら招待出来る友人が増やせる」と言う事もあると思います。

またご招待を受けた友人も15000円くらいなら負担も少なくて助かる。

と言う事もあると思います。

 

また会費制の結婚式の場合は招待状を出す事をおすすめします。

カジュアルなパーティーでもしっかりと招待状を出す事で飲み会や2次会よりも

フォーマルなパーティーだと認識させる事ができます。

また招待状内に会費制で行うと言う文章を書き込む事でご祝儀の心配など

ゲストに余計な気遣いをかけさせる事もなくなります。

 

会費制結婚式メリット3 : 会費制はゲストの負担も軽減出来る

 

すごいメリットの多い会費制の結婚式ですが当然メリットだけではなくデメリットもあります。

 

会費制結婚式のデメリット

会費制の結婚式お大きなデメリットは参加した事がある人が少ない!

この一言にが最も大きなデメリットだと思います。

まだまだ新しい結婚式のスタイルだけに会費制の結婚式の情報も少なく

正しい情報がしっかりと伝わらないと言う事があります。

最も多い間違った情報は

 

「会費制の結婚式は貧素な結婚式になる」

 

この情報はすごく間違っております。

折角出てきた良いサービスなのに間違った情報が充満すると良いサービスも消えてしまいます。

会費制の結婚式は決して貧素にはなりません。

貧素になったのは会費制の結婚式を

 

「安く出来る結婚式」

 

と勘違いしてしまった新郎・新婦さんが開催したパーティーだと確かに貧素になります。

 

貧素な会費制の結婚式条件は会場選びと会費の設定の失敗にあります。

 

会費制の結婚式のデメリットはまだまだ浸透率が低く世の中に正しい情報がない事にあります。

 

会費制の結婚式は決して貧素にはなりません。

また、通常の結婚式よりも圧倒的にリーズナブルな結婚式が出来るようになります。

この安さの秘密は各プロデュース会社さんの企業努力によるところが多くあります。

 

会費制の結婚式は組み立てや雰囲気作りが少々難しいかもしれません

しっかりとプロに相談しながら組み立てた方が良いと思います。

 

そうしないと、会費1万円でお料理に唐揚げや焼きそばが出る立食パーティーをする事になります

いくら会費がお手頃でも揚げ物が出てカフェで立食パーティー。

お帰りの際には500円程度のプチギフトではゲストの満足度は低くなります。

 

このような会費制の結婚式にしない為にはプロにしっかりと相談しながら

予算の組立などしっかりしてきましょう!