会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式の流れ

    

会費制の結婚式は普通の結婚式と何が違うのか?

と言う質問が多く寄せられています。

そもそも会費制の結婚式とは1.5次会と違うのか?

と言う疑問もあると思いますのでまずはその疑問からお答えいたします。

 

会費制の結婚式=1.5次会

 

と言う考え方は正解と言えると思います。

会費制で行われる結婚式はいわゆる1.5次会と考えて良いのですが

普通の結婚式と何が違うのか?と言う部分が非常に曖昧でわかりにくいと思います

 

実は1.5次会と結婚式の境界線は

誰を招待するのか?

と言う部分が重要になります。

 

例えば、友人中心の結婚式を開催した場合の雰囲気はカジュアルな雰囲気でみんなでワイワイと楽しみたい

と考えるお二人が多くおられます。

 

しかし、この結婚式に会社の上司を呼ぶとします。

そうするとやはり気遣いが必要になりますので

ビュッフェスタイルのように料理を取りに行くスタイルでは

気まずい雰囲気になってしまいますよね?

 

そうなると着席コース料理を振る舞う必要が出てまいります。

更にこの結婚式にご両親を参加してもらうようにします。

 

ご両親が出席となると色々と大きく変化が始まります。

 

例えば親戚の出席が必要と言われるケースも考えられます。

親戚が出席となれば親族紹介の場も手配が必要になりますね。

 

また、結婚式の進行内容にも大きく影響を与える事になります。

 

例えば友人中心の場合では以下のような進行になります

 

友人中心の会費制結婚式進行

 

⬛︎ 受付開始(入場30分前)

⬛︎ 入場

⬛︎ ウェルカムスピーチ(新郎より)

⬛︎ 乾杯(ご友人)

⬛︎ ご歓談(お食事スタート)

⬛︎ ケーキ入刀など演出

⬛︎ ゲームなどの余興

⬛︎ ブーケトスなど

⬛︎ エンディングスピーチ

⬛︎ 退場

⬛︎ お見送り

 

とザックリと友人中心の結婚式の進行を記載するとこのようになります。

これはフェッフェ形式のパーティースタイルなので時間は約2時間となります。

では、会費制の結婚式にご両親を招待して進行を考えてみます。

友人中心の結婚式と何が違ってくるのでしょうか?

 

ご親族を招待した場合の会費制結婚式の進行

 

⬛︎ 受付開始(入場30分前)

⬛︎ 入場

⬛︎ ウェルカムスピーチ(新郎より)

⬛︎ 主賓挨拶(新郎側)

⬛︎ 主賓挨拶(新婦側)

⬛︎ 乾杯(会社上司)

⬛︎ ご歓談(お食事スタート)

⬛︎ ケーキ入刀など演出

⬛︎ 余興またはご挨拶

⬛︎ ブーケトスなど

⬛︎ 手紙朗読(新婦)

⬛︎ 花束又は記念品贈呈

⬛︎ 両家代表挨拶(新郎お父様)

⬛︎ 謝辞(新郎)

⬛︎ 退場

⬛︎ お見送り

 

少なくとも赤字の部分の進行が変化します。

お料理もコース料理が出されておりますので時間も2時間では収まらず2時間30分のお時間が必要になります。

 

進行でやはり大きな部分は主賓のご挨拶や新婦手紙などカッチリとした雰囲気のフォーマルな

進行が追加されているということが言えます。

 

会費制結婚式の流れは誰をゲストで招待するかで決まる

 

このように披露宴と1.5次会の違いは誰を招待するのか?と言う部分で決まります。

 

つまり、ご親族や会社の上司などをご招待した場合はフォーマルなスタイルのパーティーとなり

皆様がイメージする披露宴となります。

 

友人を中心としたパーティーを考えた場合はカジュアルなスタイルなパーティーとなります。

しかし、2次会のように立食スタイルで飲み会のような雰囲気までにはしたくない場合

 

披露宴程フォーマルではなくと2次会程カジュアルではない間の会と言うことで

1.5次会というスタイルになります。

 

会費制の結婚式の進行は誰を招待するのかで大きく変わりますが

比較的多い流れはカジュアルな友人中心の進行だと思います。

 

是非参考にしながら進行を考えてみてください。

楽しいゲームを沢山やりたい場合はフォーマルな親族とのパーティーと

カジュアルなスタイルのパーティーを2部制で分けて開催するなどすると

やりたい事ができると思います。

 

カジュアルな結婚式とフォーマルな結婚式を別日で分けて行うと言う

考え方もありますが、別日で行うという事は同じ準備を二回する事になりますので

費用的には2倍だと考えておくと良いでしょう。

 

会費制の結婚式とは言え演出項目も普通の披露宴と変わりません。

まずはやりたい事やイメージを会費制結婚式のプロデユース会社さんへ相談してみると良いでしょう

 

きっと良い提案がもらえますよ

もし、違うと思ったら次のプロデュース会社へ行きましょう!!

 

会費制結婚式の演出について

 

会費制結婚式の進行についてお話しを進めて行くと当然きになる事が

演出は何ができるのか?

と、気になります。

演出とは結婚式の各シーンで組み込まれている余興のようなイベントです。

例えばケーキ入刀やお色直しなどお演出という項目に入ります。

会費制の結婚式でそのような演出は可能なのでしょうか?

 

基本的には殆どの演出項目の実施が可能ではあります。

できない演出項目としては披露宴会場の設備として

組み込まれているような演出は実現は難しいでしょう。

 

例えば、プロジェクションマッピングのような演出は

結婚式場の設備として組み込まれている場合があります

このような演出を実現するには多額の費用がかかるので現実的ではありません。

 

通常の披露宴で行うような演出は会費制の結婚式でも実施可能です。

ケーキ入刀、お色直し入場、キャンドルサービス、各卓写真、ブーケトス、クラレットパンチなど

最近流行りの演出から定番演出まで会費制の結婚式でも様々な演出が可能です。

もちろんライブエンドロールのような当日の上映ができる演出や

動画の撮影のような結婚式の模様を記録する撮影まで一通りの演出は実施可能です。

 

 

和装での進行も出来ます

 

会費制の結婚式では和装での進行も可能です。

どうしても洋装でドレスというイメージが強い会費制結婚式ですが

和装での進行だってする事が出来ます。

神社の挙式もできるプロデュース会社さんもあるので、もし和装が希望なら

相談してみると良いと思います。

また、パーティー当日は洋装が着たいけど和装で写真だけ撮りたいという

お二人もいると思います。

 

そんな時は和装の前撮りプランを持っているプロデュース会社さんもあります

賢くお安くプロディース会社さんとお付き合いしてみると良いと思います

 

一言アドバイス

※ 無茶な値下げは品質低下につながりますので無茶な値引き交渉はやめた方が良いかもしれません