会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式の失敗はこれ!

    

リーズナブルに結婚式ができる会費制の結婚式は

最近はやりのウエディングスタイルになりつつあります。

しかし良いところばかりではありません。

スタートしたばかりのサービスだからこそ

様々な失敗もあります。

 

会費制結婚式の一番難しいところは会費の設定だと思います。

1人当たりの会費金額の設定を間違えてしまうと

折角のパーティーの評判が悪くなってしまう事があります。

会費制結婚式の失敗の多くは会費と雰囲気のバランスをうまく

取れていないと場合におきます。

 

では、会費と雰囲気のバランスとはどのようなものなのでしょうか?

例えば、誰もが知っているような有名なフレンチレストランで会費23000円でコース料理を食べて

ウエディングパーティーを行うのと、街中にあるちょっとオシャレなカフェで会費12000円で立食

パーティーを行うのではゲスト満席度が違います。

 

会費制の結婚式を安くやる結婚式と捉えてしまうと会費が高いと満足度は下がると言う感覚になってしまいます。

更に自分達で費用負担をしたくないとなれば費用は全て会費で賄う事になりますので

高い様な安いような中途半端な会費設定がなされます。

 

具体的に言えば12000円の立食ブュッフェ形式のウエディングを街中のカフェで実施!

お帰りの際は500円程のプチギフト。

 

これは完成に二次会です。

 

海外挙式をされた後のアフターパーティーだとしても招待されたゲストは二次会とはなりません。

お二人をしっかり祝福する為に朝から時間をかけてオシャレをして出かけて来てくれます。

つまり、ゲストは結婚式二次会のような軽いとらえ方ではなく、

もう少しフォーマルなウエディングだと考えくる方が多い事になります。

 

しかし、到着したら街中のカフェで二次会の雰囲気…。それにしては会費は高い…。

 

と、なる訳です。

 

こうなってしまうと評判の悪い会費制結婚式が出来上がってしまいます。

 

では、逆に誰もが知っている有名レストランで会費23000円程でコース料理を

食べながらパーティーをしましょう。

 

コース料理だから堅苦しなると言う事はありませんね。

進行次第で会費制結婚式はどうとでもなります。

 

会費23000円と言われて初めは少々高いかな?

と感じるかもしれませんが、会場の名前や雰囲気などを感じれば

その場所が23000円の価値ある場所であることはわかります。

 

会場の雰囲気は披露宴そのものであればご祝儀だと思えば安い

更に有名レストランの美味しい料理と楽しい会話!

 

この条件はそろえばゲスト満足度は一気に上がります。

 

失敗する会費制結婚式は主催者の勘違いからスタートしてしまいます。

 

会費制なんだから安くて当たり前・・・

 

しかし、よく考えて下さい。

会費制結婚式は最近スタートした結婚式です。

 

実際しっかりとした会費制の結婚式に出席した事はありますか?

 

ありませんよね?

きっと会費制=2次会と言うイメージが強いのでしょう。

 

2次会の東京都内の平均会費相場は8000円です。

 

もし2次会を想像しているのであれば1万円以下のパーティーを開きましょう。

 

結婚式のアイテムの費用についてはご負担するべきでしょう

そうする事で失敗を防げます。

 

雰囲気と会費のバランスこれが会費制結婚式の成功のカギとなります。

 

良き結婚式をつくりましょう!!!