会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式のお車代は?

    

会費制結婚式の場合お車代は出す必要があるのか?という質問があります。

会費制結婚式は確かにゲストにもお二人にも優しい結婚式のスタイルではありますが、

全くお金が掛からない結婚式ではありません。

 

お車代を出す必要がある場合はどの程度お二人が費用負担しているのか?

という部分がポイントになると思います。

負担の度合いでお車代の負担額を決めると良いと思います。

 

他のサイトなどを見ていると会費制の結婚式相場は

10,000円〜15000円程で実施ができると記載があります。

 

この情報だけを見てしまうと会費制結婚式は

非常に安くて良い結婚式ですね!!

 

しかし、しっかり読んでいくとお食事代金とお飲物だけを

ゲストに負担してもらう書いてあります。

 

この部分を見逃している方が非常に多いですね。

 

会費制結婚式のプロデュース会社の会費設定は15,000円〜25,000円

という価格設定になっております。

 

プロの目線からみれば結婚式に関わるスタッフ人数や人件費を

考えれば一般的です。

 

更にプロデュース会社の会費設定価格はお二人の負担額が

ほとんどない事が前提の価格です。

 

つまり、様々なサイトで紹介されている

料理代金と飲み物の他に結婚式に関わる様々な

経費も含んだ会費設定になります。

 

お車代を出す必要がある会費制結婚式

 

ある程度の金額を会費で賄うのであれば

お車代はやはり出す必要があるでしょう。

遠方の方の場合は往復の金額が必要です。

 

ただし友人などの場合はお互いにお車代を

必要としないという話ができていれば問題ありません。

 

お車代の考え方は様々ですが結婚式のマナーとしては

早く到着し一般的な交通手段の価格で算出すると良いでしょう

 

交通手段は自分で調べるようにしましょう。

 

また上司や恩師などはお車代など必要としない場合もあります

相手から申し出を断られてたらお言葉に甘えて良いと思います。

 

会費制結婚式でお車代を出さない場合

 

しかし、会費を10,000円と設定した場合にお二人の負担額は

とても大きくなります。

 

食べ物と飲み物でコース料理を出した場合

最低15,000円は会場側から請求されます。

 

それ以外にも様々な結婚式の経費がかかります。

負担額は人数により変わりますが、例えば80名招待した場合

 

会費1万円の場合既に5千円が不足しております。

まずは 80名×5000円=40万円

が不足してますのでご負担額になります。

それ以外にも衣装、美容、花、プロデュース費用、写真、司会者など経費が必要です

 

プロデュース費用も4ヶ月以上プランナーを関わらせるのであれば

1ヶ月5万円だとしても20万円は必要ですね。

 

司会者も平均的に見ても5万円以上は必要です。

カメラマンもDVDでのデータ納品やアルバムの作成など考えれば15万円程です

衣装はタキシードとドレスを借りて20万円

ヘアメイクにかかる費用で10万円程です

花は予算に応じてと言われますがブーケ、ブートニア、メインテーブル

各卓のゲストテーブルなど含めて20万円〜25万円でしょう。

さてどの程度の費用になったでしょうか?

 

プロデュース費用 20万

司会者費用 5万

カメラマン費用  15万 (アルバム付き)

衣装レンタル費用 20万 (ドレス&タキシード)

ヘアメイク費用 10万 (リハーサル込み)

装花費用 25万 (ブーケ、ブートニア、メインテーブル、各卓装花)

 

経費の総額費用 95万円です。

これに先ほどの40万円を足し算します。

そうすると、135万円ですね。

 

ここからプチギフトや引菓子を1500円程で用意すると

80名×1500円=12万円となります

 

135万円にギフトで12万円が加算されますので

 

会費制結婚式最終お持ち出し費用 147万円

 

となります。

 

ここまで自己負担があればお車代は必要ありません。

1万円でコース料理を高級ホテルで振舞っていれば

大人であれば1万円以上かかる事は明白です。

 

会費制結婚式とお車代のまとめ

 

会費制結婚式は通常の結婚式ではありません。

しかし、100万以上のお持出し費用が必要になる会費制結婚式は

少々コンセプトと違います。

 

つまり、間違いだらけの情報が世の中に充満しております。

結婚式にはある程度の費用は必要です。

 

結婚式のマナーはご祝儀とおもてなしというバランスで成り立っていました

会費制はご祝儀ではありません。

 

お車代も支払ってしっかりとコース料理も振舞ってみんなにも負担をかけたくない。

 

そんな方はご負担を自分で支払う覚悟が必要です。

 

自分の結婚式は自分で支払います。

当たり前です。

 

安く仕込めんばそれなりです。

そのことを忘れす等身大の結婚式でゲストの皆様と楽しみましょう。