会費制結婚式を徹底比較&解説

1.5次会/会費制結婚式と二次会の違いは?

    

1.5次会と会費制結婚式は同じような意味を持っています。

 

しかし二次会と会費制結婚式は全く違うものになります。

 

二次会について考える

 

まずは結婚式の二次会について考えてみます。

 

結婚式の二次会は当たり前ですが結婚式の後にやるパーティーです

 

つまり、ドレスもヘアメイクも全て準備された状態で

 

二次会の会場に移動してすぐに入場して二次会パーティーがスタートします。

 

会場を飾る花なども全て披露宴会場からの移動してきたもので

 

流用する事がほとんでです。

 

その為、余計な経費は殆ど掛からずにできるパーティーが

 

結婚式の二次会の仕組みになります。

 

また、会場費用もビュッフェ形式が多く

 

フリードリンクがついてお一人様5000円程が定番な予算です。

 

これに二次会にかかる人件費などの多少の経費を上乗せして

 

予算を組む事になります。

 

東京都内の平均的な結婚式二次会の費用は7000円〜8000円と言われています。

 

この金額でパーティーができるわけなので見方いよってはかなり安いわけですね。

 

会費制結婚式について考える

 

さて、次は会費制結婚式について考えてみます。

 

これもよくある話ですが、リゾート地や海外で挙式をされた方々が

 

日本でもお披露目会をしようと思う時に

 

日本でも二次会を安くやりたいと言う方々多くいます。

 

しかし、会費制結婚式は挙式の日とは別日での開催となります。

 

つまり、1から準備をする事になりますね。

 

招待状の準備から始まりドレスも改めて準備する必要があります。

 

もちろん当日のメイクや装飾に使用する花などの準備も行います。

 

会費制結婚式は会費で行う結婚式と言う意味はありますが

 

激安にできる結婚式ではありません。

 

これを履き違えてしまうと予想していたものとは違う状況になります。

 

費用はそれなりにかかります。

 

目安としては会場費や料飲食代金の他に

 

60万円程の予算は必要だと思っていた方が良いでしょう。

 

つまり会費を8000円とかにしてしまうと

 

カフェのような場所を選んでも自己負担がすごい事になります。

 

安いからカフェを選ぶと選択もあまりよくありません。

 

カフェの安さは食材を安く抑えているからになります。

 

ホテトや唐揚げなど揚げ物が多くなります。

 

完全に立食スタイルの二次会の雰囲気になります

 

しかも自己負担金額は50万円以上と言うこともあります。

 

しかも1名呼ぶ毎に赤字になるパーティーの仕組みを

 

作ってしまっているので呼べば呼ぶほどに赤字になります。

 

この辺りはプロに任せた方が良いところですね。

 

二次会と会費制結婚式の違いまとめ

 

二次会は結婚式のあとに行うパーティーだから

全ての準備は整っている状態だから安くても自己負担はかからない。

 

でも会費制結婚式は普通の結婚式と同じように

1から結婚式の準備をしなくてはならないので

 

会費制結婚式とはいえある程度の予算は必要

 

予算組など相談がしたい時は早めにプロに相談する事がベスト

 

 

 

わからない時はプロに相談しましょうね!!