会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式でよくある演出をご紹介

    

会費制結婚式と一言で言ってもその作り方は様々です。

お二人のイメージにあった会費制結婚式を作るためには

どんな方法で演出をするかはとっても大切ですね。

このページでは会費制結婚式でよく行われている

演出を大公開していきます!

 

これは定番演出!ケーキ入刀

これは皆さんよく知っていますね。

結婚式で最も有名な演出と言われております。

ケーキ入刀にはこれから新たな道に出発二人が食べるものに

困らないようにとう想いを込められたセレモニーですね。

更にお互いにケーキを食べさせ合うファーストバイトも

会費制結婚式でも定番の演出になりますね。

このファーストバイトにも意味はあります

新郎は経済的に新婦をしっかりと支える事を約束して

新婦は新郎に美味しい食事を毎日作る事を約束すると言う

意味を持っています。

 

これは会費制結婚式だけではなくて様々なスタイルの結婚式で

定番とされている演出ですね。

 

ブーケ・ブートニアの伝説

 

では、この演出はいかがでしょうか?

会費制結婚式でもお色直しで衣装チェンジする

方々もたくさんいます。

 

会費制結婚式のプロデュース会社の特典で参加者ゲストが

100名以上の場合に無料でお色直しドレスをプレゼントしてくれる

会社もあります。

http://kaihiwedding.com/

 

お色直しの入場シーンでは普通に入場するよりも少しだけ

変化を加えてみると披露宴会場も盛り上がりますね。

 

そんな時おすすめな演出がご紹介する

ブーケブートニアの伝説です。

 

この演出をするにはブーケとブートニアの由来を知っておかなくてはいけません。

上の写真をご覧頂くとある事に気づくと思います。

そうです「ブーケとブートニア(新郎の胸の花)が同じ花で出来ている」

これは偶然ではありません。

意図的にそのように作られています。

 

なぜかと言うと、ブーケとはその昔

男性がプロポーズする際に野に咲く花を花束にして

愛する女性に渡した事がブーケの始まりだと言われています。

そのプロポーズの承諾の証として男性へ花束から1輪の花を

渡したそうです。そしてこの花がブートニアと言われております。

 

この伝説をモチーフにして作られた演出がこのブーケブートニアの伝説

と言う演出手法になります。

 

まずは各テーブルに1輪の花をあらかじめ配っておきます。

次にお色直しを終えた新郎が1人で先に入場。

各テーブルの花を集めて周ります。

これが、プロポーズの花束となります。

次に新婦が入場します。

まっすぐ新郎の方へ歩いていきます。

そして、ゲストの皆さまの前で誓いの言葉を

読み上げて花束を差し出します。

もちろん承諾をして頂き、めでたし、めでたし

となる演出ですね!

 

これは少々複雑な演出だけにプロにお願いしましょう!

 

ちなみに会費制結婚式だけではなく昔の定番

お色直し入場演出はこちらです

キャンドルサービスですね。

最近では見かけなくなりましたが

 

ラスティックウェディングなどではいい感じの演出手法として

おしゃれな雰囲気で行われているようですね。

 

ちょっと長くなってしまいましたが本日は2つの演出を紹介しました。

 

この他にもちょこちょこ演出について書いておきますので

もしお暇なら覗いてください。

 

こんな演出素人には無理と言うときは

会費制結婚式のプロ達にお願いすると良いですよ

こちらもご参考にしてください

 

http://www.xn--6oqr9ewzjz3en09bult.tokyo/