会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式 挙式はやっぱり 人前式? (会費制結婚式挙式講座)

    

会費制結婚式と言うと挙式スタイルは人前式と思っている人が多いようです

しかし、そんな事はありません。

しっかりとしたプロデュース会社を選択すれば会費制結婚式でも

教会挙式や神前挙式といった通常の結婚式の挙式をする事も叶います。

やはり会費制結婚式の最大のポイントは頼む会社を選ぶ事にあるようですね。

 

ところで、なぜ会費制結婚式と言うと人前式と言うようなイメージになっているのでしょうか?

それにはしっかりとした理由があります。

 

大きな理由としては会費制結婚式の予算に組み込みやすいという事があげられます。

元々日本古来の挙式スタイルは人前式でした。

これが時代の流行りと共に変化を遂げて今では神前式や教会挙式が主流となっています

 

日本古来の結婚式はホテルや式場などを利用しません。

新郎の自宅で行う結婚式が本来のカタチですね。

 

その際に親戚やご近所の方を集めて結婚を誓う事こそが日本古来の挙式のカタチです。

つまり、人前式ですね。

 

立ち合い人は仲人が務めて二人の結婚の見届け役となります。

 

人前式には牧師さん神職など神に仕える方を必要としません。

誓う相手が目の前にいつ知人や友人だからです。

 

つまり会費制結婚式の挙式としてよく用いられるのは予算的な部分で組み込み易い事になります。

 

その為、選ぶプロデュース会社によっては披露宴中に進行の中に簡単に組み込み

終了させてしまうレベルのプロデュース会社もあります

 

その逆にしっかりと挙式会場を設けて会費制結婚式とは言えしっかりと挙式を行う事ができる

プロデュース会社もあります。

 

人前式は簡易的な挙式スタイルと言う考え方の方が多くいるようですが

もれもまた間違いになります。

 

人前式とは列席の方々にお二人お結婚を誓う大切な儀式です。

 

会費制結婚式でも人前式はとっても大切なシーンとして本来は扱われます。

また、カジュアルな挙式スタイルだからカタチにとらわれる事がない挙式スタイル

と言う曖昧な説明をしているプランナーや情報サイトも多いようですが

人前式は確かに自由ですが適当な式ではありません。

 

誓う相手が神様から集まっているゲストになると言うだけの事になります。

 

つまり、ゲストの前で結婚を誓うと言うすごく大切な事です。

 

誓いの言葉に二人の想いをのせて・・・・

立ち合い人には親友をそれぞれ数名選んでもらいます

 

その中で結婚式を行い友人達の前で誓いにサインをします

更に友人数名の署名も貰います。

 

こんな素敵な挙式が簡易的な挙式として紹介してはいけません

会費制結婚式の挙式は確かに人前式が多く紹介されます。

 

それは未熟なプロデュース会社は簡易的な人前式として紹介することだと思います

 

しかし、しっかりとしたプロデュース会社にお願いすれば

会費制結婚式のレベルが数段上に上がる事は間違えありません。

 

会費制結婚式の演出のひとつに素晴らしい人前式を入れる事をお勧め致します