会費制結婚式を紹介

会費制結婚式とは何?

    

招待した人達からご祝儀ではなくて会費をいただくのが会費制結婚式です。ご祝儀をいただく結婚式よりもカジュアルな雰囲気ですので、形式ばったものが苦手な人に人気があり、若い人達にも広く受け入れられています。


中にはリゾート挙式や海外挙式を選択して、家族やごく親しい人しか呼べないケースがありますが、その場合に大勢の友人や同僚を招いて簡単なパーティーを催すことがあります。基本的にゲストが自分の飲食代を負担するような形式である会費制結婚式なら、費用的な面もクリアできますので、気軽に開催することが可能です。招かれる側にとっても、出費が少ないのは嬉しいところであり、参加してもらいやすくなります。


一般的な結婚式に出席する場合にはご祝儀の相場は3万円ほどですが、会費制結婚式に参加する時には相場が2万円程度となっています。招待しやすいことはとても大きなメリットであり、自己負担額が事前に分かることも見逃せないポイントです。ゲストに負担してもらう額は一律になっていて、人数かける会費の総額を計算すると、自己負担額を算出することができます。予算が厳しい場合でもかなり前からクリアにできますので、いくら用意しておけば良いのかを早めに知ることができて便利です。


基本的に引出物や引菓子といったお返しは必要ではありません。結婚式の準備では衣装などの他にもこういった準備が大変だったという声がとても多いのですが、せっかく選んでも喜ばれないこともあり、無駄な労力をかけているという印象を持つ人も多いようです。その点でも、会費制結婚式なら面倒で時間のかかる準備が必要ではありませんので、会場さえ押さえることができれば短期間でも行うことができます。


若い人達には全般的に好意的に受け止めてもらえますが、年配者には馴染みの無い形式だと思われてしまうこともありますので、出席するメンバーによっても感じ方が違うということは覚えておく必要があります。特に考えなければならないのは立食パーティーであり、年配者がいる場合にはきちんと座れる形式にした方が安心です。


探してみると、披露宴並みの会費制結婚式を行えるところもあるようです。費用を抑えつつ多少の格式も重視するという場合には、プランナーがきちんとついてくれるところを探すことをおすすめします。おもてなしの内容が充実していても、会費としては2万円以下に抑えられるようになっており、非常にリーゾナブルです。