会費制結婚式を徹底比較&解説

挙式もできるの?

    

会費制結婚式は海外挙式のアフターパーティーやリゾートウェディングなど

後日パーティーなどで行われる事が多くあります。

 

その為、会費制結婚式では挙式が出来ないと思っているお二人もいるようです。

 

実は挙式ができないと言う事はなく会費制の結婚式でも

しっかりした挙式を行う事ができます。

 

ほとんどのプロデュース会社さんで挙式は出来るとは思いますが

挙式は別料金という事が通常だと思います。

 

一言で挙式と言っても挙式スタイルには大きく3つのスタイルがあります。

まずは挙式スタイルからご紹介をしていきたいと思います。

 

一番ポピュラーな挙式スタイル キリスト教式

 

挙式といったらウェディングドレスと着てチャペルで行う!と言うイメージが普通だと思います。

現在国内で最も多く行われている挙式のスタイルがこのキリスト教式になります。

キリスト教式とは牧師さんが居てチャペルで行う挙式の事になります。

実際の挙式時間は約20分程で終わってしまう形式的な挙式をされるチャペルが大半を占めております。

挙式とは誰に結婚を誓うのか?という部分が重要な部分になります。

キリスト教式では十字架の前で神様に二人の結婚の誓いをすると言う事になります。

「うちは仏教だからキリスト教は違う」

と言う人もなかにはいるかもしれませんが皆様あまり深くは気にしてはいないようです。

また、本格的な教会で挙式を行う事もできます。

その様な場合はしっかりと洗礼を受けミサなどにも参加する必要があります。

そうする事でその教会の信者として挙式を行う事ができます。

本格的な挙式の時間は1時間程必要になります。

「バージンロードを歩く事が夢でした」と言う事であればチャペルの雰囲気だけで決めても良いと思います

本格的なキリスト教式を望まれるのあればしっかりとした教会でお申込が必要になります。

余談になりますが、ハワイなど海外挙式で会場を選ばれる際に

〇〇教会や〇〇チャペルと名称が教会又はチャペルとなっているかと思います。

教会とついている場所は正式なキリスト教の教会だと考えて下さい。

地元の人達が普段から信仰している教会になります。

一方、〇〇チャペルと記載してある場所については

ビジネスを目的として建てられているチャペルになります。

 

少々長くなりましがキリスト教式とはキリスト教の神様に結婚の誓いをする儀式と言う事になります。

 

神社で挙げる神前式について

日本人なら和装を着て神社で挙式したい!

とお考えの方も多いと思います。

神社は日本古来からの宗教になります。

初詣や七五三など節目ごとに日本人は神社でお参りをしております。

 

日本では昔から結婚式は神社で行っていたと思う人も多いかもしれませんが

実はその歴史はそんなに古いものではありません。

神社の挙式を始めて行ったのは明治天皇と言われております。

それまでの日本の結婚式はお互いの家で行う形式的な会として行われておりました。

明治天皇が結婚する際に恐らくキリスト教式の文化を取り入れて挙式を行った事が

日本の神前式の始めだと思われます。

 

その為、神前式の進行はキリスト教式ととてもよく似ております。

 

最近では都内のさまざまな神社で挙式を行う事がきます。

東京都内の有名な神社では明治神宮、芝大神宮、湯島天神、東京大神宮などが有名です。

神社は誰が祭られているのかと言う部分も比較的重要にはなりますが

実際はあまり気にされていないようですね。

 

大体の場合は結婚式場が併設されておりその神社で挙式をした後は併設されている結婚式場で

披露宴を行うと言う流れが一般的なようです。

 

しかし、この流れは挙式も高額なうけに披露宴の予算もかなり高額な場合が多いようです。

どうしてもこの神社で挙式がしたい!と言う方は仕方ないとは思いますが

和装で挙式をできれば場所にはこだわらないと言う場合は別の場所をお選び頂いた方が

費用的にはお安く済みます。

 

初穂料は5万円~15万円が相場のようです。

神社によって値段は違います。

1日1組みだけと言う神社もあります。

 

まずは下見に行って神社さんへ直接聞いて見るのも良いと思います。

衣裳は各プロデュース会社さんでレンタルすれば問題ありません。

 

人前式(じんぜんしき)と言う挙式スタイル

さて聞きなれない方もいると思います。

最近の結婚式ではポピュラーなスタイルになってきている人前式という挙式スタイルになります。

人前式はキリスト教式や神前式のように神様に結婚の誓いをしません。

その日に列席したゲストに対して結婚の誓いを行います。

その為、誓いの言葉などもかなり自由に制作する事ができる事も特徴として楽しまれております。

 

人前式とは「人の前で結婚を誓う式」と言う意味合いをもつ挙式スタイルになります。

 

最近なぜこのような挙式スタイルが増えてたのかと言うとオリジナルスタイルのウェディングを

ご希望される方が増えた事もあります。

 

レストランやガーデンウェディングでは近隣に教会や神社がない事も多く

挙式を人前式で行うと言う事が増えてた事も理由になります。

 

また、自由度も高く温かみのある式ができる事から人気の式となってきております。

進行役も司会者が進行出来る事もあり手軽に行う事ができます。

 

海外挙式のアフターパーティーなどで簡易的な挙式を行う際はこのスタイルが

とても良いスタイルになると思います。

 

会費制結婚式で挙式はできるの??

ではここからがこのページの本題になります。

そもそも会費制の結婚式で挙式はできるのか?という疑問があります

 

もちろん出来ます!!

 

教会式でも神前式でも人前式でもお好きなスタイルで挙式をして頂く事ができます。

 

とは言え式場内にある挙式会場を必ず使えると言うわけでもありません。

また、レストランウェディングなどの場合は挙式会場が披露宴会場にない場合もあります。

 

その為、挙式会場からの移動が発生してしまう場合はあります。

中にはチャペルを使用できる会費制結婚式の会場もありますのでプロデュース会社へ問合せてみるとよいでしょう

 

会費制の結婚式で最も多い挙式スタイルは人前式だと思います。

人前式のスタイルにも2つのスタイルがあります。

 

一つは「宴内人前式」(えんないじんぜんしき)と呼ばれる人前式になります。

これはかなり簡易的な挙式スタイルで結婚報告といっても良いと思います。

 

誓いの言葉→誓約書署名→指輪の交換→誓いのキス

 

このくらいの進行を披露宴内で簡易的に済ましてしまうかなり形式的な式になります。

時間にして10分程になります。

 

結婚宣言と言う意味では「僕が彼女を幸せにします!!」と言う宣言にもなるので良いと思います

 

その他、別会場を使用しての本格的な人前式などの用意もあります。

例えばチャペルを借りると言う方法があります。

 

チャペルによっては十字架を取り外せるチャペルもあります

チャペルを人前式の会場としてお借りして進行していきます。

 

人前式の進行の流れはキリスト教式にかなり近いものになる場合が多いと思います

 

費用的にもキリスト教式でチャペルを使用するよりも人前式で借りた方がお安く済みます。

 

 

会費制結婚式で挙式を行う際は洋装がおすすめ

 

会費制の結婚式で挙式を行う場合は洋装でキリスト教式がおススメなスタイルではあります。

神社での挙式は移動が発生するケースが多く

マイクロバスの手配や移動時間の調整など手間がかなりかかる可能性もあります。

また都合よく近くに会場があれば良いのですが中々うまくいきません。

 

もう一つ洋装がおススメな大きな要因があります

それは会費制結婚式をプロデュースしている会社の提携先がホテルさんやゲストハウスさんが

多いと言う事があります。

 

もちろん神殿を持っているホテルもありますがホテルの神殿は現在あまり使用されておりません。

それだけ人気がないと言う事になります。

 

しかし、チャペルは今もよく利用されている事もあり

設備も整っており使い勝手もよい状況にあります。

 

パーティーを行うホテル内にあるチャペルが利用できれば移動もなく

スムーズな進行が可能になります。

 

和装でどうしも挙式がしたいと言う事でなければ

洋装挙式がおススメになります。

 

和装も着たいと言う事であれば和装の前撮りプランなどを

プロデュース会社さんへ相談してみると良いと思います。

 

きっとよいご提案がもらえる事と思います。