ダメな新郎はこんな人

会費制結婚式くらい承諾できない新郎はダメな男である事は間違えないと思います。

会費制結婚式は正直とても安くできます。

通常の結婚式の自己負担金額が120万円程が平均とされている中で会費制結婚し式の自己負担金額はたったの30万円程です。

なぜ「たったの」と書いたのかと言うと最近こんな出来事があったからです。


数日前、知人からこんな相談を受けました。

「私の友人が結婚式の事で相談したい事があるみたいだから話を聞いてあげて欲しい」との事。

少し疑問も感じたのですが会って話を聞きました。

すると、どうでしょう・・・。


「私は結婚式をすごくやりたい・・・でも彼が高いからお金を出したくないって言われてしまって・・・でも結婚式はやりたいから会費制結婚式を考えているんです。でも、会費制結婚式に出席をしたことないし、どんな感じなのか聞きたくて・・・」

この話を聞いてとても酷いと感じました。男性が結婚式のお金が高いと言うのは分かります。百歩譲って普通の結婚式は厳しいけど規模を縮小する会費制でやるという話を新婦と一緒にする事が男性の心意気ではないでしょうか?

やらない・・・ってどういう事?

まぁ色々二人の事情もあるだろうから・・・と思い会費制結婚式について説明をさせてもらいました。

すると次にまた驚愕の質問が・・・

結婚式の費用ってどっちが持つのでしょうか?

どっちの意味が解らず思わず聞き直してしまいました・・・。すると「新郎側が費用を負担するのか?」「新婦側が費用を負担するのか?」と言う話らしいのです・・・

会費制結婚式の自己負担金額は30万円~40万円程です。カード一括支払いでもお支払い頂けます。

懐事情は人それぞれですので一概にはどれが正しいとは言えません・・・。しかしこれだけ言えます。

たったの30万円は新郎持ちです。

と、新婦に伝えると「涙目」になって「そうですよね・・・」と小さな声でうなずきました。

こんあ事ってあるのでしょうか??

好きな女性から結婚式をしたいと笑顔で言われた時に「金が無いから無理」と簡単に断る男性。「やっても良いけどお前もちな」と言う男性・・・

信じられません。

余計なお世話である事は重々承知ではございますが・・・「どうしてそんな男と結婚した?」と聞きたくなりました。

実はこのような話は初めてと言う訳でもありませんでした。


私が現役でウェディング業界にいた頃にも似たような事がありました。

この時もご新婦様が一人で会場見学に来て話をしておりました。「新郎がやる気がない」「私はどうしてもやりたい」

この時は新郎さんに何とか会えました・・・そして私の目の前で承諾・・・新婦さんが笑顔でペコリと頭を下げて帰って行ったことが印象的でした。

しかし、数日後・・・キャンセルです。

理由は新郎の「やっぱり面倒くさい」この一言で決まったようです。「お金がもったいない」とも言っていたようです。


キャンセル承諾し1週間後程した頃・・・その新婦さんからメールが届きます。「やっぱり諦められません。もう一度新郎を会ってくれませんか?」

何度でも会います!

と、返信しましたがそれ以降連絡はありませんでした。


会費制結婚式はたったの30万円程の自己負担です。

結婚式をしたい!と言う愛する女性が居て・・・・

たったの30万円も出せない男性ってどうなんでしょうか?

私はダメな男性だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA