会費制結婚式
15,000円の会費はどうなの?

会費15,000円設定の落とし穴

会費制結婚式で比較的ポピュラーな会費設定に15000円の会費設定があります。某有名結婚式サイトでは10,000円でコース料理が出せるとの記載を見たことがありますが・・・1万円でも15000円でもコース料理が出せる会費制結婚式はありません。

15000円での会費制結婚式のほとんどがビュッフェ料理での会費制結婚式になります。15000円で0円の結婚式と書いているプロデュース会社やレストランウェディングは信用してはいけませんね。

「そんな事はない!15,000円も会費を支払ってコース料理を出せないなんておかしい!!」と考える新郎・新婦もいるようですが、10,000円で食べられるコース料理はどのようなコース料理か考えてみた方が良いかもしれません。

結婚式ができるような雰囲気のレストランでディナーを予約すると1人10,000円前後で食事ができます。お酒は1杯1000円前後ですね。1人数杯飲めば数千円になります。

普通に食事をした場合でも1人15000円程の費用がかかり、消費税にサービス料金などが必要になります。つまり総額では1人18000円程になる事になります。

会費制結婚式の場合は飲み放題になり、食材も婚礼料理を出すので少し良いものを用意する事になります。つまり、通常の食事よりもコストが上がっている事がわかりますね。

それなのに「会費制結婚式コース料理!会費15000円で自己負担0円!」こんな事はあり得ないのです。

ひどいプロデュース会社はランチコース料理を提供したり1品少なかったりします。それでも会費制で0円が良い!というお客様もいるのもびっくりしますが・・・・

ところが意外にゲストは気づいているのも事実です。「なんか料理美味しくなかったよね・・・」「結婚式の料理の割にはランチっぽかったよね」という会話も出ていたりします。

それでも「安い」を優先という事であれば止めませんが・・・15000円の会費制結婚式ではビュッフェ料理が基本でコースは出せないと思います。

会費15000円の
ビュッフェスタイル

15,000円でビュッフェは豪華になるのか??

では、会費制結婚式の15000円のビュッフェ料理はどのような料理になるのでしょうか?

この議論は私が若い頃にウェディングのケータリング会社に勤める友人とよく議論をしていました。

男性陣は「質より量」女性陣は「量より質」

会費制結婚式のビュッフェスタイルの要望はこのようになっています。会費制結婚式の進行で乾杯が終わるとビュッフェテーブルにゲストが群がり料理をお皿に各自好きなだけ盛り付けている光景をよく目にしました。

男性陣はとにかくお腹に溜まる炭水化物。女性陣をビュッフェに並ぶ料理を一口サイズで沢山取り分けていきます。

私は料理の量のある料理を1品とその他はお洒落料理で良いだろうという意見を言うと、お洒落料理はコストがかかるからそうは沢山作れない。お金がかかると言われました。

しかし、ビュッフェスタイルの会費制結婚式で15000円を超えると流石に高くゲスト満足度が低下します。

料理にかけられる費用は5000円~6000円程度。人数にもよりますがその他は人件費やドレスなどのウェディングアイテムに充当します。

こんなお客様もいました。

有名レストランでビュッフェスタイルを選択すれば「ゲスト満足度」が上がる結婚式になる。という新郎・新婦です。新郎さんがレストランにお酒を卸している会社に勤めているらしく高級レストランには詳しいと言っていました。

しかし、料理の原価についての知識はあまり無かったようですね・・・高級レストランのビュッフェスタイルの料理の量を知って不安になっていました。

「15000円の会費でこの程度の品数しかないのでしょうか?」「お腹いっぱいになりますか?」と不安でいっぱいでした。

私達もプロとしてウェディングを扱っています。私達の忠告を無視してしまうとこのような不安が待っているのです

会費制結婚式では2万円以上の会費を設定しコース料理にしてください

と、お勧めをしています。

これは、単に売上が上がるからという単純な思いから来ることではないのです。150000円という、それなりに高い会費設定で「量が少ない」「質が悪い」という料理が出てしまうバランスの悪さが露呈するパーティーがビュッフェスタイルの会費制結婚式なのです。

15,000円会費の結論

コース料理は出せません

結論!15000円の会費を設定はビュッフェスタイル

結論としては会費制結婚式で15000円の会費を設定するならビュッフェスタイルしかできません。しかし、ゲスト満足度は低くなる可能性があるので会費制結婚式では会費を2万円以上に設定してコース料理を提供するようにする事をお勧めします

という結論になりました。

また、高級店だからビュッフェスタイルでも大丈夫という考え方は違います。もし、どうしても会費制結婚式でビュッフェスタイルを行いたい場合には結婚式2次会を行うようなカフェなどを利用するとちょうどいい料理でまとまります。

が、やっぱり折角の結婚式なのでプロとしては多少高くでもコース料理をお勧めします

自己負担30万円で叶える事ができます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

知らないと損する

会費制結婚式専門プロデュース会社

会費制結婚式|会費2万円設定の自己負担金額
お披露目会と1.5次会って違うの?
会費制結婚式で失敗するパターン
アニヴェルセルの費用は高い?
会費制結婚式に最適レストラン
あり得ない会費制結婚式 プロデュース
会費制結婚式を説明します|スッキリガイド