自己負担0円
黒字になる会費制結婚式

あり? or なし?

最近では本当に沢山の結婚式サービスが増えてきました。このブログでも紹介してる事もありますが基本的に「タダ」「0円」という打ち出しをしている会費制結婚式サービスは「お勧めしません」と書かせて頂いております。しかし、その上を行くサービスを最近目にしました・・・なんと会費制結婚式で黒字化しまっしょう!余ったお金は貯金!!と書いてありました。

本当に驚きです・・・

0円でも微妙と思っていたのに黒字化する会費制結婚式を開催するとは・・・間違えなく男性的な発想ですね。あまり女性の方で「結婚式で黒字を出す」という考え方はしません。

そもそも結婚式は「招待」が基本的な考え方ではあります。その為、会費制結婚式という発想も古い考え方では受け入れにくいサービスではあります。時代も変わりバブル時代の名残のような派手婚は無くなり結婚式もシンプルなカタチに変わってきています。お金をかけ過ぎないスタイルが最近の結婚式主力スタイルです。

その中で誕生したスタイルが「ゲストの負担も少なくし新郎・新婦の負担も少ない」というお互いにメリットがあるリーズナブルな結婚式と言いう事で会費制結婚式の人気がありました。この時、重要な事はゲストよりも新郎・新婦の負担金額は多くなる事がポイントです。そうしないと「結婚式に呼んでおいて更に結婚式費用まで全額支払わせた」という事になります。これが私が「0円やタダはダメだ」と言っている理由になります。それなのに黒字とは驚きを通り越して呆れました。

タイトルにした「あり」か「なし」で考えるなら勿論「なし」というかあり得ないと思っています。そもそも、自分の結婚式に誰かを招待して儲けるなんて・・・絶対にやってはいけません。結婚式はゲストをおもてなしをする事が大切です。

会費制結婚式で黒字を出す方法

会費制結婚式で黒字を出す方法はそれ程難しくありません。例えば会費設定が20,000円で済む会場で22,000円の会費設定をすれば2,000円×人数分が黒字になります。2,000円くらい・・・と思うかもしれませんが60名の会費制結婚式であれば12万円の黒字となります。結構な金額ですよね。

普通はこんな事をする新郎・新婦はいません・・・正直考え方が歪んでいます。私が経験した中でこのようなお客様がいなかったというと・・・居ました。そして、問題のあるお客様で当時勤めていた会社では「私達の会社でお受けできません」とお断りを数回させてもらいました。しかし、どこのプロデュース会社も受け入れてもらえず結局・・・私が受け持つ事になった経緯がありました。

結婚式を黒字にしようという考え方をお持ちの方は「必要なお金も支払いを渋ります」「自分の得だけを追求します」こんな考えなら結婚式なんてしなきゃ良いのに・・・と思ってしまいました。

会費制結婚式は普通の結婚式よりもリーズナブルにできる結婚式です。「タダで出来る」「黒字化できる」という話ではありません。これだけは間違っていけません。黒字化できる会費制結婚式などは絶対にありえないと思います。この記事を読んでもらって気づいてもらえる方がいれば幸いです。

自己負担を出してゲストの負担を少しでも減らしてあげる事が良い会費制結婚式の作り方だと思います。

会費制結婚式|会費2万円設定の自己負担金額
会費制結婚式|会費15,000円の落とし穴|プロ認定ガイド
会費制結婚式の招待状は演出のひとつ
会費制結婚式は専門業者に依頼しよう
池袋で会費制結婚式ができる会場|会費制結婚式スッキリガイド
会費制結婚式をわかりやすく説明
1.5次会や会費制結婚式の会場選びのコツ

自己負担30万円で叶える事ができます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

知らないと損する

会費制結婚式専門プロデュース会社