最近では地元にある小さなストランで挙げる「地元婚」というスタイルの結婚式も注目されているようです。確かに地元にある雰囲気のあるレストランで地元の友人などで結婚式をするのもアリかもしれませんね。

まぁお互いの地元は近いという条件を満たしている必要はありますが、リーズナブルでアッとホームな結婚式にしたいという2人にはピッタリなプランかもしれません。

まずはプロデュース会社を選ぶ

いくら地元婚とは言え、友人達を巻き込んで結婚式の準備を行う事も現実的ではないと思います。やはり地元婚にはプロの手を借りて準備進める必要があります。

プロデュース会社にもいくつか種類があります。このサイトのプロデュース会社ランキングなども参考にして頂き地元婚の準備に最適なプロデュース会社を選択してください。

プロデュース会社|ランキング

プロデュース会社ランキング 会費制結婚式はプロデュース会社選びで決まります。プロデュース会社をしっかり選ばないと会費制結婚式が良い物になりません。価格・サービス…

レストランと交渉を進める

地元婚をする場合には結婚式を行うレストランとの事前交渉が重要になります。結婚式で貸切りにしたいという旨は地元婚の場合には新郎・新婦が直接交渉しておくと良いでしょう。地元で長く営業しているレストランであれば「ここで結婚式をしたい」という申し出には快く応えてくれると思います。

会費制結婚式との相性が良い

地元婚を行う際には結婚式スタイルは「会費制結婚式」との相性が良いと思います。地元のレストランであれば恐らく料飲食代金込みで1万円で引き受けてくれると思います。それにドレス・花・美容・写真・音響などの諸々費用を追加すると50万円前後でしょう。

会費を2万円で設定し、30名程のパーティーを行うとこんな計算になります


結婚式費用合計 

料飲食代金     30万円

その他結婚式費用  50万円

総合計費用     80万円


参加人数30名 会費設定2万円      

会費合計金額    60万円

自己負担金額    20万円


つまり、地元婚を開催すると約20万円の自己負担金額で結婚式が整う事になります。もちろん目安ですが・・・それでも30万円ぐらい見とけば足りそうですね。

どうでしょうか?地元に感じの良いレストランなどありますか?

もしあれば、地元で結婚式なども良いかもしれませんね!

それでは良い会費制結婚式を作って下さいね

会費制結婚式|会費2万円設定の自己負担金額
会費制結婚式のワナ|プロデュース会社に注意
1.5次会や会費制結婚式の会場選びのコツ
会費制結婚式の成功の秘訣
東京会費制結婚式|レアな神社婚5選
会費制結婚式と豪華な結婚式|おすすめ情報
会費制結婚式の受付は誰に頼む?|受付依頼マナー