会費制結婚式を紹介

会費制結婚式を選ぶ理由

    

最近、会費制の結婚式を選ぶ方が増えていますね。

今の流行なのでしょうか?

どんな理由があるか聞いてみました。

挙式はリラックスして行いたい、

パーティーは友達と気軽にしたい、

会社の人を呼ぶのが面倒かな・・・

(上司を呼ぶか、異動したらどこまで呼べばいいのか、など 呼ぶ人を考えるのが大変)

→この意見が思いのほか多かったです。

ゲストに気軽に参加してもらいたいから会費制にしたい、

結婚式より新婚旅行にお金をかけたい、

など様々な理由がありました。

色々な場所で結婚式ができる現在、情報も溢れているので選択肢も広がっていますよね。そんな時は信頼できるプロにしっかり相談をして、会費制の結婚式はどのようなものか、どれぐらいの予算でできるのか、会費制にした時に注意点やメリットなど様々な話をきいてみて、自分にあったプランをたてていくことが大切です。

では実際に会費制結婚式をした方からの声を紹介します。

結婚式は海外で2人だけですることが夢だったので、挙式とパーティーをわけて考えていました。そこで、パーティーはゲストから会費を頂く会費制パーティーとして案内をしました。

2人だけの結婚式は新婚旅行も兼ねていたので時間に余裕もありゆったりと行うことができました。ドレスも挙式と会費制パーティーとで違うものを着ることができたのも良かったです。会費制プランにドレスが入っているものが選べると負担がすごく少なくなるのでおススメです。

パーティーは結婚式から2ヶ月後に開催しました。親族と友人など幅広い年齢層に対応できるようにホテルでコース料理を選びましたが、会費でコース料理が喜ばれたのと、あらかじめ会費制とすることで金額がわかって参加しやすい、という声があり結構人数が集まりたくさんの人に祝福されてとても嬉しかったです。思ったより準備もスムーズにできて2回楽しむことができて本当に良かったと思いました。

結婚式は親族だけで行い、友達だけの会費制パーティーを行う2部制にしました。2部制をはじめから考えていたわけではないのですが、親族の関係友達とわけて行いたかったのでとてもいい提案を頂けたと思います。

チャペルがある会場だったので、挙式と披露宴を親族でやり、その後会費制パーティーを違う会場で行うことができました。

本格的なチャペル

親族だけの披露宴の装飾は後で会費制パーティーでも使えるようにアレンジをしてもらうことができたので、余計な予算がかからずその分料理をグレードアップすることにしました。1日で全てができるので、衣裳代・ブーケ代などもおさえることができたのもよかったと思います。

2部制パーティーは同じ会場でもできるし、移動して別の会場ですることもできるので色々なスタイルが選べるようです。会費制パーティーは色々なパーティースタイルから自分にあったものを選ぶことができるので、場所・予算・雰囲気・演出などやりたいことをプランナ-さんに相談してしっかり作り上げるといいと思いました。

このほかにもたくさんの感想がありましたが、会費制パーティーは結婚式をプロデュースしている会社が得意分野なのでまずは相談をしてみるといいと思います。

その時はだいたいの人数・時期・どんな結婚式をしてみたいかなど少し考えてから行くとより具体的な提案がもらえると思います。