会費制結婚式を紹介

会費制結婚式を説明します。

    

会費制結婚式とは、参加者から一定の会費を徴収して参列をお願いする結婚式です。一般的なスタイルとしては、参列者の方々から「ご祝儀」の形で金銭を受け取り返礼の趣旨で御礼の品々を送ると言う内容が典型的です。会費制を採用することで気兼ねない雰囲気でのカジュアルな式典を演出することができ、費用もかなり抑えることが出来るので金銭的に出費を控えたいカップルから人気を集めているようです。もっともカジュアルといっても程度には違いがあり、立食パーティーとほぼ変わらないものから、披露宴とも遜色のにほどの充実ぶりを誇るスタイルもあるようです。つまりカジュアルで手軽といったイメージ先行で決断すると、イメージしていたのとは違うセレモニーになってしまうことも。そこで会費制結婚式のメリットやデメリットについて御紹介して参りましょう。
そもそも会費制結婚式では会費の相場が2万円程度とされています。一般的なご祝儀の相場が3万円程度になっていることを前提にすると、参列者にとっての金銭的負担を少なくすることが出来ます。ゲストの経済的負担が少ないことから比較的人間性が希釈な人にも気軽に参列を呼びかけることも可能です。例えば職場の同僚や没交渉になっている旧友なども気兼ねなく招待しやすいと言えるでしょう。


またご祝儀制の場合には、式が終了して集計するまでは総額を把握できない、という側面があります。ゲストと新郎新婦との関係性や人間関係によって金銭的にはかなり開きがあるので、事前に概括的にも金銭を把握するのは難しいので、自己資金はある程度余裕をもっていることが求められます。これに対して会費をさだめておけば、ゲスト数を乗じれば現金額を把握できるので、自己負担額を容易に把握することがかないます。
他方で会費制結婚式は、従来のスタイルのウエディングにはないデメリットも存在します。祝儀制の披露宴などではある程度、儀礼的に確定した内容になっているので世代によっては雰囲気の違いに戸惑ってしまう場合があります。とくに会費制では金銭的出費をリーズナブルに抑えることが出来る分、さらにプレゼントも添えるべきではないかと判断にましょうことも予想されます。また祝儀制結婚式では引き出物などの費用を抑えることが出来る反面、提供するメニューや式場のグレードによっては金額を高く設定しなければならない可能性も否定できません。負担額の上限をあらかじめ決めたうえで、会費制結婚式の内容を詰めていくことがおすすめです。