会費制結婚式を徹底比較&解説

会費制結婚式と言うスタイル

    

結婚式のやり方にはいろいろありますが、その中のひとつに会費制結婚式があります。通常ならば受付でご祝儀を渡しますが、会費制の場合は受付でご祝儀の代わりに会費を渡します。金額は上司や友人、親戚といった招待客の立場とは関係なく一律となっており、ほとんどの場合は招待状に金額が記載されています。
当日支払う会費は受付で金額を確認する作業があるため、ご祝儀袋に入れる必要はありません。現金をそのまま受付の係に手渡すことになりますが、お祝い事ですので皺になったお札は避けた方が良いでしょう。また、おつりが出ないように前もって用意しておく心遣いをしたいものです。
会費制結婚式が一般的な結婚式と異なっている点は、ご祝儀についてだけではありません。通常の結婚式では定番となっている引き出物は、用意されていないことが多く、代わりに退場の際に新郎新婦からプチギフトとして引き菓子を手渡されるケースが多いようです。
会費制結婚式の大きなメリットは、ゲストの金銭的な負担を軽減させることが出来る点ではないでしょうか。実際、月に何度も披露宴に招待されると3万円とも言われるご祝儀の出費がかさむ「寿貧乏」という言葉があるぐらいです。その点会費制ならば、大抵の場合2万円を超えるということはありません。また、自分の好みには合わない引き出物をもらうこともなく、気軽に出席することが出来ます。

招待する側である新郎新婦にもメリットはあります。前もってゲストからいただく金額を把握することが出来るため、自分達で負担するべき金額がクリアになるということです。そのため、料理を始めとする結婚式にかける総額が決めやすくなりますし、例えば立食スタイルを採れば座席割りに頭を悩ませることもないわけです。
会費制結婚式は、そういった意味ではやり方次第ではアットホーム感を演出することが可能だと言えるでしょう。堅苦しい雰囲気は苦手だというカップルや、職場の上司やあまり会ったことがないような義理の関係の人よりも、本当に仲の良い友人たちに祝福して欲しいというカップルの間で人気を呼んでいます。
ひと昔まえまでは、北海道を中心とする北日本で慣習とされていたこの会員制結婚式が、今では日本全国に静かにひろがりつつあるというのには、そういった背景があるのです。これから、結婚を予定しているというカップルは、是非こういった形もあるということを頭の中に入れておくことをおすすめします。