会費制結婚式とご祝儀制の結婚式

結婚式はご祝儀制になっている事が多いです。そのイベントに来るゲストがご祝儀を支払った上で参加するスタイルになります。その他にも会費制結婚式があり、この時はご祝儀は特に必要がありません


会費制はご祝儀というより会費を支払う事になります。予め指定されている料金を支払った上で、ゲストは参加する訳です。

ちなみに料金はビュッフェ形式であれば1万円台になる傾向があります。イベント次第ではありますが、大抵は1万円から15,000円です。コース料理であれば2万円から25000円が相場でしょう。


それに対してご祝儀制の場合は、費用は3万円台になるケースもあります。地域によって相場も異なりますが、ご祝儀が1万円台になるケースは少ないです。
それと会費制結婚式には祝儀がありませんから、ご祝儀袋も不要になります。ご祝儀制の場合は指定の袋にお金を入れる事になりますが、会費制結婚式はご祝儀でなく会費を支払う形式になりますから、ゲストとしては袋を準備する必要はありません。


またご祝儀制の場合は、ゲストが比較的幅広くなる傾向があります。親族や会社の同僚が式に招かれるケースが多く、友人も招かれる式も多いですが、会費制結婚式の場合は招かれる人物は若干異なるのです。職場の同僚や親族というより、むしろ友人が招かれる傾向があります。


そしてご祝儀制の式はプログラムが組まれている事が多いです。複数の人物が挨拶したり、余興を行う事もありますし、式の大まかな枠組みは予め決まっています。その枠組みに沿って式が行われる訳ですが、会費制結婚式は食事がメインになる事が多いです。


予めプログラムが決まっているというより、むしろ新郎新婦と友人が一緒に食事を楽しむのがメインになります。それだけに祝儀制よりもカジュアルな雰囲気になる事も多いです。


また会費制の場合はあまり入念に準備する必要はありません。ご祝儀制の場合はプログラムなどを決める必要がありますし、ゲストの席も考える必要があります。ゲストの人数が多いと準備に時間がかかってしまう事も多いですが、会費制はそこまで入念な準備は必要ありません。


それと手土産にも特徴があります。ご祝儀制の場合は新郎新婦が引出物をプレゼントするのが一般的ですが、そのプレゼント自体が無い式も多いです。またプレゼントはあっても、プチギフトという形で物が贈られる事が多く、その分だけ予算を節約できる傾向があります。手土産が不要になる訳ですから、新郎新婦としては引き出物の準備をする必要もありませんし、出費も抑えられる事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA