会費制結婚式を紹介

会費制結婚式と言う新しい形

    

会費制結婚式は一般的な式とは異なり招待者からご祝儀ではなく会費を用意して頂いて参加する形式の結婚式で、会費ということもありご祝儀をいただいておこなう披露宴と比較するとカジュアルなスタイルの式が多く、費用を抑えたいカップルや招待者の金銭的な負担を抑えたいというカップルに人気の結婚式です。また会費制結婚式も利用する会社によりそれぞれ形式や雰囲気も異なっており、この形式を利用するメリットやデメリットなどもあります。

 

会費制結婚式のメリットの一つとして招待者の金銭的な負担が少ないことが挙げられますが、一般的な式のご祝儀と比較すると会費の金額が低いこともあり、新郎新婦共々友人や職場の人を招待しやすいというメリットがあります。またご祝儀制では招待者からいただいたご祝儀の総額は式の当日か終わるまではっきりとした金額が分かりませんが、会費制では単純に参加者の数を掛けるのみで総額があらかじめわかることから、式の予算に応じたプランなどを選択することができます。

 

そして一般的な結婚式ではご祝儀性の場合は引き出物などのお返しが必要で、その準備にかかる手間や時間などが必要となりますが、会費制結婚式では引き出物などのお返しは一般的に用意しないことも人気の一つです。また食事は立食形式が人気で多くの方が利用する形式ですが、ご祝儀制では着席形式ということもあり招待者との関係などを考慮した席次表や席札などを作成する必要がありますが、立食形式ではこのような準備も必要がない点もメリットの一つです。

 

このようにメリットの多い会費制結婚式ですが多少のデメリットもあり、その中の一つが立食形式の食事で、年配の親族や年の離れた上司などにはなじみが少ないこともあり窮屈に感じる場合もありますが、椅子を用意するなどで対応できることが多いです。そして年配の方は一般的なご祝儀制になじみがあることもあり、会費以外にも別途何かプレゼントの必要があるのではないかなど迷われる方もいますが、招待状に事前にそのような必要がないことをしっかりと伝えることが大切です。

 

そしてこの結婚式を選択することで式自体の予算が事前に決められることもあり式の計画性は高くなりますが、二次会などの予算を考慮せずに一般的な式と比較して費用が高くなる場合があり、この点に気を付けることで予算内にしっかりと式を挙げることができ、カップルや招待者も満足できる式が挙げられる魅力のある結婚式です。